作業療法士の職場

作業療法士と聞いてどういった仕事かすぐに想像がつく人は少ないかもしれません。理学療法士と作業療法士はどう違うの?と思われる人もいるでしょう。医師の指導に従って、リハビリ療法を行う医療系従事者という点では、理学療法士と同じです。理学療法士は、例えば、事故などで手足を骨折した人が、歩行、座る、立ち上がる、といった身体の基本機能が回復するようサポートするのに対して、作業療法士は、理学療法である程度身体機能が回復した人が、自分で食事ができたり掃除や読書ができるなど、日常生活ができるように促します。また、作業療法士は身体の他に精神的な面もサポートします。

作業療法の内容は、手先を使った折り紙や塗り絵、簡単な編み物といった手芸をはじめ、気持ちが晴れるように簡単な体操をしたり、歌をうたったり、外を散歩したりなどをします。集団療法の場合もあれば、個別療法の場合もあります。いずれにしても、作業療法士はどの職場でもこうした作業療法を通して活動をしています。

体と心の両方の、回復と悪化予防を担う作業療法士は様々な場で必要とされており、職場も色々とあります。作業療法士の職場には、病院・クリニックといった医療施設、老人ホーム・デイケア―センターなどの介護施設、精神病院や知的障害者福祉施設などの知的・精神障害者の施設、保健所などの地域の保健施設、就労支援センター・ハローワークなどの就業支援所、そして、児童発達支援センターや特別支援学校の障害児童施設があります。このサイトでは、老人介護施設、精神障害者施設、児童発達支援センタの3つの職場について、その特徴をご紹介します。



▽作業療法士関連情報▽
当サイト開設時にも参考にさせて頂いた作業療法士の資格が取れる専門学校のサイトを紹介します → 作業療法士 専門学校

サブメニュー

PAGETOP