児童発達支援センター

児童発達支援センターとは、身体障害、知的障害、そして発達障害を含む精神障害児童たちを支援する地域の通所型福祉施設です。障害児が親から離れて通所しますので、家庭に閉じこもることなく自立的に集団生活ができる重要な施設です。この職場で作業療法士は、子どもたちが日常生活や集団生活に困らないよう療育をします。また、保育園などに出向き障害児童が他の児童と集団行動ができるよう専門的な支援もします。

最近増えている発達障害児童の療育も作業療法士の役割です。近年のニーズに応じて、作業療法士養成所・専門学校では「発達障害作業療法」のカリキュラムも組まれています。発達障害児の訓練をする総合病院の専門外来、民間の専門クリニック、民間の専門学習塾も増えてきていますから、作業療法士の職場はさらに増えています。

このように、作業療法士の活躍の場である職場は、高齢化、メンタル傷病者や発達障害児童の増加に伴い、幅広くなっています。作業療法士をされている方も、これから作業療法士を目指す方も、ベストな職場選びができるよう、自分の得意不得意分野を分析し、どの分野で自分の特徴が発揮できるかを十分に考えてみましょう。障害を持つ児童の家族は特有の悩みやストレスを抱えています。子どもの成長は家族の喜びです。家族の思いを受け止めつつ子どもの成長を促すやりがいのある職場です。

サブメニュー

PAGETOP