精神障害者施設

精神病院やメンタルクリニックなどの精神障害者のための医療施設では、社会復帰ができるようにリワークプログラムを実施しているところがあります。例えば、会社でパワハラにあうなどで鬱を発症した人が会社復帰しやすいよう、まずは人と一緒に何かやることが楽しくなるように、複数人で料理やアートセラピー、お話会などのプログラム参加ができるようにしています。リワークプログラムでは、作業療法士が看護師、精神保健福祉士、臨床心理士などの専門家と一緒にプログラムの企画、実施、実施結果に基づいた意見交換などをします。参加する方たちの心は、傷ついているデリケートな状態ですので、精神面の専門家である医師はもちろんですが、精神保健福祉士や臨床心理士から予め色々学びつつ、作業療法のプログラム内容を提案・実施していきます。

このように、精神障害者施設は作業療法士が他の専門家とチームワークで密接に繋がりながら活動する職場です。作業療法士養成所・専門学校で、履修項目として「精神面」に関する過程を学びますが、精神障害施設は精神医学に関するより深い専門的知識と現場実績を積むことのできる職場です。精神医学に興味があり、チーム連携して円滑なコミュニケーションを取りながらプログラムの企画の提案や実施をしたい方にはおすすめの職場です。

サブメニュー

PAGETOP